院進学への道

外部の大学院への合格体験談みたいな適当な雑記

続・他大学院への進学

前回に引き続き他大学の院進学についてのお話を。
では、どのような人が他大学に進学すべきなのか、私の主観ですが例を挙げていきたいと思います。

1.自分のやりたい研究が自大に無く、進学先の大学にはあるという人
これが一番正当(?)な理由ではないかと思います。なにより自大では自分のやりたいことを行えないわけですからそれはもう他大の院にぜひ進むべきだと思います。

2.家の経済的理由から自宅から通わなければ厳しい人
これも理由の一つとしては挙げられると思います。自宅通いでかつバイトをしながら通わなければ院進学は厳しい人は他大という選択肢は十分にアリだと思います。

3.やりたい研究が自大にはあるが規模が小さいため、他大で規模の大きな研究をしたい人
1と同じような感じになりますが、どうしても有名で実績のある大学の方が予算の関係上規模の大きな研究がしやすいので…。

4.どうしても進学したい大学に憧れがある人
これはまぁ『小さい頃から○○大に行きたかった!』というような夢を持っていた人ですね。これはちょっと客観性から大きく外れますが、私としては応援したいですね(笑)
夢を叶える為の努力をして、それを叶えるのも最上の喜びの一つだと思います。

以上の4パターンに当てはまる人は僕としては他大に進学すべきだと思います。
逆に今度は自大の院に進みたい!という人向けの内容(自大ならではのメリットと他大との比較)についてわかることを書いていきたいと思います。